地球への愛 を提案します
ワラシゲ紙プレスセンター
事業内容 業務内容   古紙の回収・流通経路  保有設備 企業の概要


※学校・町内会・子ども会など、地域の古紙・ダンボールを買取回収いたします。
※オフィス・工場・店舗などの古紙回収・機密書類の回収いたします。
※個人・法人 少量〜大量持込歓迎
※家庭から出る、粗大ごみを有料収集します。(常滑市のみ)  

=取扱品目=
 ダンボール・新聞・雑誌・オフィス古紙(機密書類・シュレッダー古紙)・衣類・アルミ缶・牛乳パック等

     

 事業内容

私たちが進める地球環境への取り組み
古紙の再生、有効利用は、省エネルギーのみならず、循環型社会を構築する上においても、ますます重要な課題になっています。
紙は私たちの生活に密着した素材の一つです。また、紙はリサイクルができる大切な資源の一つでもあります。

現在、国内では紙の原料の約60%が、古紙をリサイクルしたものです。古紙をリサイクルすることにより、

 資源の有効利用
 エネルギーの節減
 ごみの減量化

など、環境保全のための大きな効果があります。
環境への思いやりと資源の有効利用のために、古紙のリサイクルに積極的に取組んでいます。

TOPへ

 業務内容

 1.段ボール回収

通常行われる回収業務です。
会社、工場、商店、スーパーに専用車両にて回収に行きます。

 2.オフィス古紙回収

オフィスから排出される紙ごみをリサイクルすることで、廃棄物処理のコストダウンや環境負荷の低減を実現します。
従来、焼却処理されていたシュレッダー古紙も、リサイクル可能になりました。

 3.機密書類回収

お客様から回収した機密書類は、書類そのものに手を触れない工程でリサイクル処理されます。
機密情報の漏洩防止対策も万全です。

 4.集団回収

町内会、自治会、こども会、PTAなど地域に根差した回収業務にも対応しております。
お客様のご要望に合わせた様々な回収方法をご提案させていただきます。

 5.一般廃棄物回収(常滑市のみ)

ご家庭から粗大ごみを出す場合や、ごみ出しが困難な方のお宅に、直接訪問して回収します。
TOPへ

 古紙の回収・流通経路

古紙、牛乳パック、古布など、生活の中から生まれるもの。OA古紙、梱包資材など、生産業務から生まれるもの。それらは身近な、優秀な資源であることをあらためて深く考えます。責任をもって資源としてお預かりし、効率よく再生して再び市民生活へ。ワラシゲ紙プレスセンターは、一環したリサイクルの流れを円滑にすすめ、自然との共生から得られる喜びの実感を、すべての人と分かち合いたいと願っています。

TOPへ

 保有設備

トラックスケール(30t) 1機             
1tプレス 1機
フォークリフト 3台
ショベルローダ 1台
パッカー車 4台
クレーン付き3.5t車 1台
4tトラック 1台
3tトラック 2台
1.5tトラック 1台
2tトラック 1台
軽トラック 2台
アームロール車 1台
その他 5台
TOPへ

 企業の概要

 
■企業名 有限会社藁重紙プレスセンター
■代表取締役 竹内 治光
■所在地 本社:愛知県常滑市金山字菖蒲池34
工場:愛知県常滑市金山字出地田205
■電話 0569−43−4135
■FAX 0569−89−7700
■創業 昭和58年 法人化 平成5年8月
地図リンク工場の場所 ■従業員 14名
■敷地 4,000u
■建物 鉄骨建て工場・事務所
TOPへ

 社長からのメッセージ

目指します。リサイクルの繁栄と社会の貢献。
美しく、快適な都市、住まいづくりを基本として常に環境美化を創造します。
「捨てればただのゴミ、生かせば資源」をモットーに古紙業界の躍進に貢献してゆく考えです。
このホームページに関するご意見・お問合せは常滑商工会議所 E-mail tosky@toko.or.jpまで