農林水産省では、新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、インバウンドの減少や輸出の停滞などにより、在庫の滞留、価格の低下、売上げの減少などが顕著な農・林・水産物などについて、商工会議所をはじめ、生産者、農林漁業団体、地方公共団体、民間企業などが行う販売促進の取組の支援を開始いたしました。

1.「地域の創意による販売促進事業」について

在庫の滞留、売上げの減少等が生じている品目について、地域の創意に基づく販売促進の取組みを支援します。

支援内容:道の駅や直売所の販促キャンペーンなどで使用する食材費等を支援

期  間:①連続又は非連続で、合計14日間以内。

②地方公共団体と連携する場合は連続1か月。

対象品目:和牛、水産物(マグロ類、ホタテガイ、ブリ類、マダイ、フグ類、ウナギ他)

野菜・果実(メロン、マンゴー、いちご)、茶(リーフ茶)

     (卸売価格の2割以上の減少等の影響が生じる品目は、その都度追加)

補助内容:対象品目の食材費とイベント経費(広告・宣伝費等)の1/2を補助

2.公募要領

下記HPよりご覧ください。

https://chiikinosoui.jp/