標記助成金について、厚生労働省において、2020年度分の受付が開始されました

「テレワークコース」は、時間外労働の削減および仕事と生活の調和の推進のため、在宅またはサテライトオフィスにおいて就業するテレワークに取り組む中小企業に対して、その実施に要した費用の一部が助成されます。

「労働時間短縮・年休促進支援コース」は、生産性を向上させ、時間外時間の削減や年次有給休暇の促進に向けた環境整備に取り組む中小企業に対して、その実施に要した費用の一部が助成されます。

本助成金の申請期限は、「テレワークコース」が12月1日(火)、「労働時間短縮・年休促進支援コース」が11月30日(月)で、予算がなくなり次第受付終了となる見込みです。(申請窓口は各都道府県労働局となります)。 

詳しくは以下のリンクより資料をご覧ください。

<働き方改革推進支援助成金(テレワークコース)>

 ○働き方改革推進支援助成金(テレワークコース)のリーフレット 

  ○働き方改革推進支援助成金(テレワークコース)について【厚生労働省ホームページ】

  ○厚生労働省作成申請マニュアル

 ※テレワークコースにつきまして、5月1日付で以下の内容が改正されました。既に交付申請を行っている場合についても、変更申請や補正等を行っていただくことにより、対象となります。

 ・1人当たりの上限額及び1企業当たりの上限額を倍増

 ・受け入れている派遣労働者がテレワークを行う場合も対象

 ・成果目標のうち、労働者の月間平均所定外労働時間数を前年と比較して5時間以上削減させる目標を廃止

<働き方改革推進支援助成金(労働時間短縮・年休促進支援コース)>

  ○働き方改革推進支援助成金(労働時間短縮・年休促進支援コース)のリーフレット

  ○働き方改革推進支援助成金(労働時間短縮・年休促進支援コース)について【厚生労働省ホームページ】

  ○厚生労働省作成申請マニュアル