山車と巻藁船の提灯幻想
春の宵闇に揺れる大野祭り
大野祭り:5月3・4日の大野祭りには3台の山車と1隻の巻藁船(まきわらぶね)が繰り出す。3日の宵宮では大野橋に山車と巻藁船が集まり威勢と華を競い合う。春が深まり初夏へと移ろう頃の風情ある祭りだ。
権丸(ごんまる):江崎神社に伝わる巻藁船で、365個の提灯が美しい半球状に飾り立てられる。若い衆が提灯を回す威勢のよさに川岸の見物衆から喝采がおこる。大野湊を見守ってきた古社に伝わる美しい祭礼の形だ。