窯暮れ慕情
やきもの散歩道
窯に火をいれると数日間焚き続けた。飯の時間を惜しみ眠る時間を削り働き続けた。窯の周りで一日中働き通した人を「窯暮れ」と呼んだ。常滑観光のハイライト「やきもの散歩道」のレンガ煙突や黒塗りの家々は窯暮れ達が作り上げた仕事場の風景である。