中小企業PL保険制度

「中小企業PL保険制度」は、中小企業の皆様が製造または販売した製品が原因で、製品の引き渡し後、または行った仕事が原因で、仕事の終了後、日本国内において他人の生命や身体を害する人身事故や他人の財物を壊したりするような物損事故(※1)に対して、保険加入期間中に損害賠償請求がなされたことによって、法律上の損害賠償金や争訟費用等の損害を被った場合に保険金をお支払いするものです。

日本商工会議所では、平成7年7月に、「製造物責任法(PL法 ※2)」が施行されたことに伴い、中小企業のPL法への対策支援および負担軽減を目的に、中小企業庁の指導の下、全国商工会連合会、全国中小企業団体中央会とともに「中小企業製造物責任制度対策協議会」を設立し、本制度を創設。同協議会が保険契約者となり、参加損保会社14社(幹事・東京海上日動)の協力のもと運営している、会員中小企業向けの保険制度です。

加入条件

本制度に加入できる方は、各地商工会議所の会員である中小企業者(個人事業者も加入できます)に限られます。※ただし、業種によってはご加入いただけない場合もございます。
詳しくは損保代理店または損保会社にお問い合わせください。

【参考】中小企業基本法に定められる中小企業者一般業種(製造・建設業等)

日本商工会議所PL保険制度のページ