常滑商工会議所について

商工会議所は地域経済の総合的な振興を図る市内唯一の総合経済団体です。

常滑商工会議所マーク商工会議所は、地域の商工業者の世論を代表して商工業の振興に力を注ぎ、国民経済の健全な発展に寄与することを目的にした公益性の高い総合経済団体です。(商工会議所法:昭和28年8月制定)
全国514(平成25年2月8日現在)の商工会議所では、地域の商工業振興のために、多岐にわたる事業に取り組んでいます。

企業の元気が街を元気に。街の元気が企業を元気に。

常滑商工会議所は、企業を元気にすることが地域経済の活性化に繋がり、街が元気になることで、さらに企業が元気になると考えています。この実現のために、会員企業の皆様への経営支援を積極的に展開するとともに、総力をあげて地域経済の発展に邁進しています。

沿革

昭和48年4月2日、全国で466番目の商工会議所として設立。設立当初から地域商業活性化と地場産業である窯業振興を中心に取り組み、工業団地をはじめとした産業育成にも努めてきました。
中部国際空港の開港に伴い、建設段階から「中部国際空港支援協会」を組織し、いち早く空港支援に取り組みました。時代の流れとともに環境が大きく変化する中、地域を代表する経済団体として、価値ある事業に取り組んでいます。

組織


会議所役職
氏名
会社名
会社役職
ホームページ
会頭牧野 克則株式会社マキノ代表取締役会長HP
副会頭澤田 研一澤田酒造株式会社代表取締役会長HP
副会頭上用 敏弘中部国際空港株式会社執行役員HP
副会頭伊奈 憲正日本モザイクタイル株式会社代表取締役社長HP
副会頭後藤 彰一郎株式会社GOTO代表取締役HP
専務理事小野木 三郎

(平成28年11月1日更新)