「伊奈長三郎 物語 読書感想文コンクール」 開催いたしました

陶と灯の日事業委員会では、常滑焼の歴史を振り返り、先人の陶業・陶芸における功績と偉業を再確認する目的で、伊奈長三郎氏の功績を綴った冊子「伊奈長三郎 物語」を制作しました。今年度この冊子を常滑市内全小学校5、6年生に配布を行い、同時に「伊奈長三郎 物語 読書感想文コンクール」を下記のとおり開催いたしました。また、優秀な成績を収めた3名の児童の表彰を陶と灯の日点灯式典で行いました。

〇陶と灯の日「伊奈長三郎 物語 読書感想文コンクール」結果
応募資格:常滑市内在住の小学5、6年生/応募原稿枚数:400文字詰原稿用紙3枚以内
応募総数:275名

【審査結果】
最優秀賞:常滑西小学校 6年 竹内愛祐さん
優秀賞:鬼崎南小学校 5年 藤澤七菜さん
優秀賞:三和小学校 6年 上野真優さん

※名前をクリックすると別ウィンドウが開いて作品を読むことができます。
※無断での転用・転載を禁じます。